甘い飴をなめつつ辛いカレーを作る
例えば、何もわからないエイリアンに「霧」を説明するなら、どうやって言う?「感動」の成り立ちとか、いやいや、前提として地球や世界のことから説明する?
ホームボタン

そよ風の吹く火曜の明け方に友人と

そしてお客様は、ほぼ日本人だという様子だったのでその光景にびっくりした。
店の中のお客様は、だいたい日本人観光客という感じだったのでその光景に驚いた。
それは、韓国製の化粧品は肌にやさしい成分が多く含まれているとか。
もちろん、スキンケアにも感動はあったけれど店の人の言語能力にも感動した。
ちょっとだけなのかもしれないが、日本語がそこそこ上手い。
私は、旅行のために勉強した英語を使うチャンスだと思い行った韓国だけど、使わなくても大丈夫なようだ。
必要に駆られれば、努力あれば外国語をマスターできるということを知ることができた旅行だった。

ゆったりとダンスする弟とアスファルトの匂い
買った生地で、幼稚園に2週間後から通う子の必要な袋を作らなくてはならない。
私ではなく家内が縫うんだけれども、しかし、私もいやだというわけではないので、大変そうだったら役割分担をしてやってみようと考えている。
靴やボールや本をしまうきんちゃく袋が幼稚園に行くのに必須のようだ。
ミシンもついに家に届いた。
使いごこちも感じてみようと考えている。

息絶え絶えで走る父さんとオレ

私は素肌がそれほど丈夫じゃないので、すぐにかぶれてしまう。
それに、ボディーシャンプーの肌に残る感じがあまり好きじゃない。
それだと、冬は凄くぱりぱりになるので、無添加に近いケア用品を使用する。
この商品の驚くべき部分は、料金が凄く高すぎるところだ。

気どりながらお喋りするあなたと暑い日差し
業務で必要な青竹を規則的にいただけるようになって、恩に着るのだが、混雑している竹が面倒でガンガン運び出してほしがっている土地管理者は、私が仕事で使いたい量以上に大きい竹を持って帰らせようとするのでちょっと困る。
うんざりするほど持って帰っても捨てることになるのだが、モウソウダケがムダでしょうがないらしく、運んで行ってくれと強くお願いされる。
こっちもいるものをいただいているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

よく晴れた大安の明け方はビールを

何か一個の習い事でも習慣でも、長くコツコツ続けている根気のある人に憧れを抱く。
スノーボードだったり、写真でも、凄く目立たないことでも。
毎年一度だけでも、幼馴染の仲間で、あの旅館に連泊する!でも良いと考える。
コツコツ一つを続けるといつかは実用レベルまでたどり着くことができるかもしれない。
実は、幼い時、ピアノと日本舞踊なんかを習っていたが、辞めなきゃよかったな。
そんな風に思うのは、空き部屋のの角にお父さんに買ってもらったピアノが眠っているから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いつかもう一回練習したいとという理想がある。

陽気に口笛を吹くあなたと草原
仕事で関わった女性がいる。
今までに出会ったことのないようなイメージで、トークの内容がどれも興味深かった。
それに加えて、彼女は資格大好きだということ。
保育士免許、クレーン免許、インテリアコーディネイター。
トイック800点、書道師範免許、そして、元CAさん。
公認会計士までパスしていると聞いたような。
さすがにこのことを友達に話したら、あなたの聞き間違いじゃないかと思う、と言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の上司と結婚し寿退社していった。

喜んでダンスする友達と花粉症

今日の夕食は一家そろって外で食べる事になっているので、少年は行く前からワクワクしていた。
何を注文しよう、と出発前からいろいろと思案していた。
ピザやパスタ、もしかしてステーキも?などなど、メニュー一覧には何が載っているのかとても楽しみでもあった。
行くのはこの前開店したレストラン。
お父さんの運転する車は、もうすぐお店に着く頃だ。
お母さんは助手席からお父さんに話しかけている。
お姉ちゃんは後部座席で、手鏡で前髪をチェックしている。
少年は車から降りると、ワクワクしながら、入り口のドアを真っ先に開けた。

月が見える月曜の晩は外へ
先日の朝刊に、日本女性の眉の移り変わりをテーマにした、興味深い解説が書かれていた。
真実が分かれば、実に色っぽさも感じてくるので面白い。
なんとなく、怖いもののようにも感じる場合もあるが、その昔は結婚している女性の印だという。
真相を知ると、急に色気まで感じられるので面白い。

ひんやりした木曜の昼は歩いてみる

知佳子が、マンションのベランダにて、ミニトマトを育てている。
実ったらトマトスープを作りたいそうだ。
育てているとは言うものの、頻繁に水分を与えないし、近くで煙草を吸うので、ミニトマトの環境はぜんぜん良くはない。
丸3日、水も肥料も与えていないという場合の、その姿は、葉っぱがしょぼんとしていて、どことなくしゅんとしているシルエットにそっくりだ。
申し訳ない気分だったので、水を豊富にあげると、あくる日のお昼くらいのミニトマトは何事もなかったように復活していた。

前のめりで走る彼女と枯れた森
仕事用でいくつかスーツに合うYシャツを購入しているけれど、大体選ぶ時に何枚も試着する。
それだけ、かたちにこだわるのも珍しいかと思った。
そんな時に、営業先で、Yシャツはオーダーでと、こだわっていた方がいたので、驚いた。
けれど、ワイシャツひとつでカッコよく見えるので、いいかもと感じた。

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 甘い飴をなめつつ辛いカレーを作る All Rights Reserved.