甘い飴をなめつつ辛いカレーを作る
「オムライス」のこと、どのように感じているかな。「カマイタチ」とは、常識的にはどう認識されているのだろうか。べつに考察してみる気分になったわけじゃないよ。
ホームボタン

雲が多い火曜の午前にお酒を

この夏は、海に行っていないが、海に入りにものすごく行きたい。
現在、ひとり娘が幼いので、海には入らせないで砂遊び程度だが、思うに楽しんでくれると思う。
しかしながら、まだ、パンパースを着用しているから、近くの人の事を思ったら海に入れないのがいいのではないだろうか。
オムツのプール用もあることはあるが、問題になっているらしいので。

どんよりした平日の早朝にカクテルを
友達の知佳子の彼氏のSさんが経営する会社で、いつも和歌山の梅干しを注文している。
お酒が入ると電話をかけてくれるSさんが可愛がっている社員のEくんという働き者は、なぜか話がかみ合ったことがない。
酔ってないときのE君は、わりと照れ屋らしくそんなにたくさん話してくれない。
そんな感じで、一回もE君とまともにコミュニケーションをとったことがない。

よく晴れた仏滅の夜は散歩を

娘の3歳の誕生日がもうすぐで、プレゼントを何にしようかを迷っている。
妻と話し合って、体で遊ぶアスレチック系か知育玩具か洋服や靴などにするかを決定しようとしている。
考えるがなかなか決められないので、実際に見て決めることにしたけど、これだというものがない。
しかし、子供に近くにいかせてみたら、以外とすぐに決まった。
ジャングルジムに夢中だったので、それに決めた。
ただ、今のアパートが窮屈なので、小さめのコンパクトなものに話して決めた。
価格が、わりとリーズナブルだったので、助かった。

ひんやりした木曜の午前は外へ
見物するのに非常に長く長く歩く動物園は、夏はすごく蒸し暑くてぐったりする。
知人夫婦とお子さんと私と妻と子供とそろって観覧しに出向いたが、めちゃめちゃ暑すぎてぐったりだった。
すごく蒸し暑いので、肉食獣も草食獣も他の動物もあまり歩いていないしし、奥の物影に姿を隠していたりで、さほど観察出来なかった。
この次は、クーラーのきいた水族館などが蒸し暑い夏はいいかもしれない。
娘が小学生になったら夜間の動物園や水族館も良さそうだ。

気分良く走る友人と冷めた夕飯

切り絵や写真など芸術が好きな方だと思うし、絵もまあまあ上手なのに、写真が恐ろしく下手だ。
なのに、昔、機嫌よく、一眼を宝物にしていた時もあり、絶対に持ち歩いたりした。
あまりにもレンズが合ってなかったり、変わった配置なので、一眼レフがガッカリしているようだった。
そう思ったけれど、撮影や現像はどう考えても、面白いと思う!

具合悪そうに踊る彼女と壊れた自動販売機
「嫌われ松の子一生」というテレビ番組が放送されていましたが、欠かさなかった方もいたと思います。
私はというと、テレビ番組は見なかったけれど、女優の中谷美紀主役でシネマが公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、複雑な立場にて生活しながらも、自分は不幸だと思いません。
はたからみれば、不幸な人かもしれないけれど夢があります。
幸せになることに関して、貪欲なんです。
そこに、魅力を感じました。
自分だって幸せになる権利はあるのに、そうなってしまうと罪悪感がある。
という、よくわからない状態に陥っていた悩み多き私は見ている間、明るくなりました。
とても、面白い映画なので、一押しです。
そして、中谷美紀さんは、音楽教師でも、ソープ嬢を演じても、美容師を演じても、なんでもはまってました。

雲が多い休日の夕暮れはシャワーを

何年か前の猛暑、クーラーの効いた部屋の中で冷たいドリンクばかり摂取していた。
私は暑いと熱中症にかかっていたので、体を冷やすことが大事だと思いついたから。
乾燥した部屋の中で、シャツ一枚、そしてレモンティーにアイスコーヒーなど。
だから、健康だと実感していた夏。
秋が過ぎ、寒くなって、例年よりももっと冷えを感じることが増加した。
部屋の外で行う仕事が増えたこともあるが、寒くて買い物にすら出れないという状態。
なので、おそらく、暑い時期の過ごし方はその年の冬の体調管理にもつながると考えられる。
たくさん栄養を取り、偏りの少ない過ごし方をするのがベストだと思う。

悲しそうに叫ぶ彼女と花粉症
たしなむ程度のアルコールのおともに、そこそこ体に良い食材を!と思っている。
しばらくのおつまみは焼いた葱。
それ以前はまぐろ。
それにも飽きて、直近では湯葉だけれど、高いので断念。
昨日、新しいメニューを考案した。
スーパーで80円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、オリーブオイルで炒めて、味の素と塩コショウを少々ふりかけて整えたもの。
非常にコストは低め、KCALも低い気がしませんか。

雲が多い木曜の午後に食事を

友達の親戚が梅干しを販売しているとの事。
都内に本部があり香港に店もあり、関西の方にファクトリーがある。
日本全国に、たまに、何名かのグループで試食会をするらしい。
飲みながら、これを聞いていると、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!と言ったら、あ!あるよ〜!と出してくれた。
このときに食べたこの梅干しが、今までで最高に美味しかった。
なんと、早速はちみつ梅をオーダーしてしまった。

雨が上がった週末の明け方に足を伸ばして
お盆やすみだとしても家元から離れて暮らしているとたまにしか意識することがないが、最小限、仏前のお菓子くらいはと思い故郷へ配送した。
家元に住んでいたら、香を握って祖霊のお迎えに向かって、お盆やすみの最後にお見送りにおもむくのだが、別れて住んでいるので、そういうふうに行動することもない。
隣近所の人は、香をつかみ墓所におもむいている。
そんな様子が目に触れる。
常時より墓の近辺にはたくさんの乗用車がとまっていて、人もとても多く目につく。

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 甘い飴をなめつつ辛いカレーを作る All Rights Reserved.