甘い飴をなめつつ辛いカレーを作る
雑誌とかのアンケートなどで、「先生」のことについて尋ねられたとしたら、アナタはなんと答える?「インストラクター」って、人それぞれで受け止め方が違うなのかもしれない。
ホームボタン

ひんやりした火曜の昼にお酒を

定期診断は、毎度なにかしら引っかかる。
心音だったり、血液の数値だったり、胃だったり。
胃の検診をバリウムを飲んで受けてみて、結果をもらうと、がんの疑念があるので、即刻、検査を指定の病院にて受けてください。
と書きつけてあったのには、あせった。
あせったそれに加えて怖かった。
即時に指定病院に診断されに行ったら、結局、胃炎だった。
胃はかねがねきりきりとしていたので、定期的な診断に引っ掛かったのはわかるが、文面で名前とがんの疑いがあると記されてあったらぞっとした。

じめじめした水曜の昼に外へ
このところは、近くの海に釣りにおもむいていない。
仕事で大変多忙で出かけられないというのもあるけれど、とても蒸し暑いので、行きにくいのもある。
加えて、会社終わりによく行く場所を見ても釣れている雰囲気が全くないから、必ず行きたいとは思わない。
非常に回遊魚が見えるくらいだったら行きたくなるだろうな。

無我夢中で走る弟と私

時は金也は、的確な名言で、だらだらしていると、見事にあっという間に自分の時間が無くなってしまう。
今よりもスピーディーに業務も業務日報も終わらせることが出来れば、その他の作業に貴重な時間を回せば効率がいいのに。
掃除をしたり、ウォーキングしたり、料理にはまったり、メルマガを手に取ったり。
とのことで、近頃はシャキシャキこなそうと心がけているが、いつまで続くのか。

息もつかさず跳ねるあの人と飛行機雲
会社で頑張っていた時の大好きな先輩は、親が社長で、まさにセレブだった。
痩せてて素直でテンションが高い、動物好きの先輩。
動物愛護団など立ち上げて、頑張って運動をしている様子。
毛皮反対、ベジタリアン、動物実験反対。
少し前に、マンションに訪れたことがあった。
都心にある上等なマンションで、東京タワーが見える。
その先輩、可愛くてきれいなシャムと同居していた。

雨が上がった仏滅の深夜はお酒を

新人の頃、無知なこともあって、ちょっとしたごたごたをもたらしてしまった。
罪悪感を持つことはないと言ってくれたお客さんたちに、感じの良い訂正の方法も考え出せず、落ち込んでしまった。
お客さんの一人が、タリーズのカフェオレを差し入れと言いながらくれた。
ミスで2つオーダーしちゃったんだ、と話しながら違う種類の飲み物を手に2つ。
高身長で、細くてとても優しい雰囲気をもっていた男性。
申し訳なかったな、と思う。

具合悪そうに叫ぶ先生と横殴りの雪
理由は分からないが、情緒不安定な状態になってしまい、何も悲しくなった。
大きな理由はないけれど、思い立ったように切なくなったり、全部意味のない事に感じられたりした。
けれど、急に仕事がはいった。
中身は結構大きな野外のイベントごとで、結構立派な案件だった。
精神状態を理由にしてはマズいので、切り替えて必死になっているうちにカラリと陽気な心持に戻ってきた。
そういえば、不安定なとき、明るい時間帯に日差しを浴びたりしなかったんじゃないか。
たまには外に出るのも素晴らしいと感じた。

じめじめした祝日の昼に友人と

ここまでインターネットが必需品になることは、当時子供だった自分にはよくわからなかった。
品物を売る商売の方々はこれから先競争が激化するのではないかと考える。
パソコンを活用し、できるだけ価格の低い物見つけ出すことが可能だから。
レースが活発になったところでここ最近で目立つようになったのが集客のためのセミナーや情報商材だ。
もう、成功するための手段が売れるようにな時代で、何が何だかピンとこない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

湿気の多い水曜の午後に目を閉じて
太宰治の斜陽、をよく読む私は、三津浜水族館近くの安田屋旅館に足を運んだ。
同じく小説が割と好きな母。
ここ安田屋旅館は、太宰がこの小説の章の一部を考えるために宿泊した小さな旅館。
とにかく動くと、ギシッと、聞こえる。
その、彼が宿泊した2階の角の部屋。
シルエットのきれいが富士山が半分、頭を見せていた。
目の前の海には生け簀が作られていた。
この辺は足を運んだかいがあり過ぎ。

凍えそうな週末の午前に料理を

浜辺がとっても近く、サーフィンの場所としてもとっても知られている場所の近所に住んでいる。
なので、サーフィンをしている方はすごく多くいて、会社の前に朝はやくちょこっとでも波乗りに行くという方もいる。
そのように、サーフィンをする方が多数いるので、誘われることが大変あったのだけれど、絶対に断っていた。
なぜかというと、自分が、運動神経が悪く、泳げないからだ。
それでも、泳げなくてもサーフィンはできると言われ、波乗りしてみたけれど行ったスポットは初心者じゃない人が行くところで、テトラポッドが左右に広がっていて、スペースがごく狭い場所でした。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

寒い土曜の夕方は足を伸ばして
学生時代、コンディションが良くない上に、食生活と、眠りの具合が悪かったので、吹き出物が多くなった。
マズいと考え、生活習慣を送り、健康に良い事をやってみようと周りの意見を聞いた。
そこで勧められたのが、ニチレイアセロラジュースだ。
しばらくたった今でも毎晩飲む。
あのレモンよりもビタミンCが多量に含まれているとの事だ。
コンディションとビューティーは何と言ってもビタミンからつくられるのかもしれない。

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 甘い飴をなめつつ辛いカレーを作る All Rights Reserved.